忍者ブログ

-NZで働く・移住・子育て・留学・犬・生活情報-

リクエスト大歓迎です!!
ニュージーランド、海外就職・起業、留学、生活情報などあなたの知りたい情報を
リクエストして下さい。現在はこちらに引っ越しております。
海外移住・海外就職で自由なライフスタイルを手に入れる
ちょっと良かった時はお気軽にポチっと。
HOME[PR]NZの暮らし・生活情報日本人であるがために・・・。

[PR]

2017-09-27-Wed 06:57:47 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本人であるがために・・・。

2011-04-05-Tue 09:39:30 │EDIT
 日本国民が悲しみに打ちひしがれ、ただ(これは僕が個人的に思うところだけど)皮肉にもこの震災により
日本人にも今までメディアが伝えてきたよりも古き良き日本人の心が多く残っていることを知り
 
自分が「日本国民」なんだと認識されるきっかけを作られていく。
皆がひとつになってこれから前に進んで行こうという中・・・
 
 
こういう題材を取り上げると政治的見解をここで書き出すと勘違いされるかもしれないけど
史実がどうとか不法占拠がどうとか言いたいのではなく
ましてや誰の言い分が合ってる間違ってるの話じゃなく
 
僕が今回触れたいのは日本人の気質とこれからどういう風にご近所とやって行くかについて・・・。
 
 
*****************************************
 
 
まぁ正直何日か前にこの記事を読んだ時の第一声は
 
「この時期にそう来るかよ・・・エゲツないな・・・」だった。
 
韓国がこの震災に対して国レベルでも市民レベルにも色々動いてもらってるのは
報道の通りだろうしきっと一般市民レベルでは韓国人にも僕と同じように感じる人もいるのでは?
 
10年以上前(日韓ワールドカップ前と言ってもいいかも)ならいざ知らず
現場で多くの韓国人学生を見てきた僕は感じていたのだけど。
 

まぁこの報道もどこまで信じていいかは謎だけど今は彼らの空気がどうとか
考える前に他に考えなきゃいけないこともあるだろう・・・
 
確かに国民意識や領土意識で言えばまだまだ日本人は韓国人には全然及ばないと感じる。
 
理由は明白で日本人が「日本人」を意識することから意図的に遠ざけられ続ていた時期
(今もか)にも彼らは生まれてからずっと「韓国人」のアイデンティティが刷り込まれてるわけだから・・・
 
今回こんな未曾有の大災害が起きてようやく「日本人」を意識したような
僕のような平和ボケだった日本人ではまだまだこの感覚はちゃんとは理解できないだろうなと思う。
 
 
震災の援助は援助として、それとは別に国として自分の土地だと
(彼らが本当に信じているからどうかは謎だけど国益として)主張する。
 
 
こういうことが政府だけに任さずに僕らも個人の意識で主張できるだろうか?
 
こういうのをエグイと思わずに国益(=国民、もっと言えば家族だ)を守るものとして
そう主張するのは当然だとビシっと主張することが出来るだろうか・・・。
 
 
日本人という素晴らしい国民性を思い出すということは少なくてもこういう時にも
相手を思いやること・・・ではないと思う。
 
相手を思いやる。忍耐強い。これが日本人の美徳でもあると思うけど
これを他国相手に続けていたら韓国だけではない。周りにこの様子を伺ってる
そして便乗しようとしてる国はご存知のようにうじゃうじゃいる。
 
日本人であり続けるためにもハッキリとこの部分は主張はしていかなければいけないと思う。
 
ただ・・・
 
じゃあこの事で主張を曲げず韓国その他の国を怒らせてサポートが減り
被災者が一番とばっちり食らうじゃないか!勝手な事言うな!!と言う人がいるかもしれない。
 
確かに被災現場の人からしたら行ったこともないようなどんな島かも分からない事のことより
今の食事、毛布があるかないか。そしてこれからどうやって生き残っていくか
が一番大事なことに違いない。
 
だけどそこは本当に申し訳ないと思うけど、自分が当事者じゃないからと認識した上で書くけど・・・
 
ここで食い下がったら東北だけじゃなく日本国全体が大きくダメージを食らう。
 
それは長い年月に掛けてのダメージになるからそれこそ韓国その他の国からの
義捐金のサポートでは賄いきれないくらい・・・。
 
だからここは皆で耐えなきゃいけないところなんだと思う。
 
本当に勝手な理論だとは思うけど・・・。
 
 
ま、もちろん今回の事で喧嘩して義捐金がゼロになるとか国交がなくなるとは思わないけど
そんな万が一も考えて他のルートからの支援の可能性も考えて動くしかないと思う。

日本はまだまだ強くなる!!ならなきゃいけない現実が待ってる。

僕個人の意見としては何が何でもあの島を含めた海域を喧嘩してでも
取り返して欲しいということではなくただ、なし崩しの格好で仕方ないみたいな・・・

今はこんな時期だしといった短絡さで・・・
 
頼むから何度も「思いやり」が邪魔して?!弱気な態度を晒してくれるなよ。・・・と祈るばかり・・・。

日本が、日本人がナメられるのは堪りません。


色々な国がこの動向に目を光らせています・・・。
 

P.S.前回書いた以前いた会社の仲間はやはり例の現場に行っていたらしいのですが
無事戻ってきたそうです。色々大変だったみたいだけど無事が何より。
本当にご苦労様です。

 
*****************************************
 
1日1クリックで東日本大震災へ1円募金になります。1日6億円(6億人?!)を目指しています。
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html
 
決して怪しくないです。(僕のようには・・・)
参加だけじゃなくご友人にもお知らせ下さると嬉しいです。
 
また上の30倍(30円)も毎日クリックできるリンクを教えて頂きました。
こちらこそぜひ!! http://www.jword.jp/campaign/charity/
 
団体サイト:http://www.peace-winds.org/index.html
*****************************************

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
suitcase
はじめてブログ見たけど、元気そうだ。Lazysの面々とも随分縁遠くなったが、たまに携帯の一斉送信が飛んでくる。まぁ元気そうだ。
みんな元気でみんないい。
たまに見るから面白いこと書けよ。 じゃね。
まる2011-05-14-Sat 12:42:53EDIT
おす、マル。久しぶりだなー
そうだよ。帰る度に皆で呑んでるだぜ。
次こそ顔を出してくれよ。年末に戻るから。。。
GUEST2011-05-14-Sat 20:40:28EDIT
無題
まる・いきてたのねん
kusakoudoukyuusei2011-06-03-Fri 23:51:07EDIT
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

今日もヨロシクだワン!!
オセアニアブログランキング&海外生活ブログに参加しています。

1日1回の皆さんのぽちっとクリックが僕らの励みです!!
今日の記事が面白かったら・・・
ちょっとためになったら・・・
どうぞ皆さん応援を宜しくお願いします!!

95e7fe0a.gif

にほんブログ村 海外生活ブログへ
アクセス解析
初めての方へ
このブログを初めて見て下さる方はこちらからご覧下さい。
このブログが2010年3月16日号
週刊SPAに紹介されました!!

記事はこちら
プロフィール
HN:
DAISUKE
性別:
男性
職業:
教育マーケティング・なんでも屋家業
趣味:
サッカー
自己紹介:
NZで学生、ワーホリ、就職を経て起業。現在貿易、留学、営業・宣伝、通訳と何でも屋家業+語学&専門学校業務担当として暮らしています。ビジネスから生活のことまで何でもお聞き下さい。
シンプル ページランク表示ツール
Tool by きゃべつのお小遣いGet!
アーカイブ

ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブ
Facebookしています。
Twitter
海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ad.
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 ニュージーランドで働く&犬と子どもとゆったり海外暮らし Some Rights Reserved.
http://nztravellife.blog.shinobi.jp/%EF%BD%8E%EF%BD%9A%E3%81%AE%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%83%BB%E7%94%9F%E6%B4%BB%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%80%82
忍者ブログ[PR]