忍者ブログ

-NZで働く・移住・子育て・留学・犬・生活情報-

リクエスト大歓迎です!!
ニュージーランド、海外就職・起業、留学、生活情報などあなたの知りたい情報を
リクエストして下さい。現在はこちらに引っ越しております。
海外移住・海外就職で自由なライフスタイルを手に入れる
ちょっと良かった時はお気軽にポチっと。
HOME芝の上でサッカーやろう!の記事
2017-09-26-Tue 00:24:08 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-12-01-Thu 19:50:34 │EDIT
久しぶりに1日2本UP・・・。

まぁNZにあまり関係のないまたサッカーのお話ですが・・・
いよいよオークランドの小さなワールドカップことETHNIC CUP初戦。

初戦の相手は2ヶ月前まで自分が所属していたタイランドチーム・・・
で結果ですが・・・

もちろん勝ちました。
なんと9-2というサッカーじゃないみたいなスコア。

僕のおか・・・・・・・・・・・・・・・・・・げって言いたかったけど・・・
(後半特に)全然でしたねぇ・・・。

幸運にも僕も2点入れました。
でも誰でも入れられるような所謂「ごっつあんゴールです」

自分としても前半何本かはダイレクトパスでチャンスも作れたのですが後半は
点差も開いたのもあったのか無駄に勝負して奪われてしまう場面もありました。

チームの約束事として相手を背負ってようがその前にボールを当て(パスし)て
そこから後ろに落として更に展開していくというのがあったのに・・・。

それなのに後半僕は受けてから落とさずに無理に前を向いて
チャンスを作ろうとして何度か失敗しました。(勝負自体は悪くないケド位置が悪かったです)

いけないですね・・・チームプレーヤー失格です。・・・
当然途中で交代になりました(反省)・・・。全く正しい判断です。

それと今後もっと強いチームと当たってプレッシャーが速くなってきた時の事も考えて
ボールを迎えにいく貰い方とその体勢について考えてプレーしないと
ピンチを招くなと改めて強く感じたのでした。

それに今気付いたのは収穫だったけど・・・。

しっかし普段自分がプレーしてるこのタイランドチームが
(僕以外の)日本の若い力の前にケチョンケチョンでしたねぇ・・・

普段の自分のいるチームなので弱点も分かってたし冷静に分析しても
日本が勝つことは想像してましたけど・・・ここまで大差がつくとは・・・

エースストライカーのグレッグや普段僕と真中を組んでるアーデン、
空中戦の要のGが居なかったことを差し引いてもこれだけ差があるのには愕然としました。

試合終了後、この元チームメイトたちは無言で苦笑いで僕に握手を求めてきました。
ゴールキーパーには開始前に「頼むから点を入れてくれるなよ」と言われてたのですが
最後の握手の時は「ヘイ!!」と怒ったような顔をされながら最後は笑って握手。

勝ったのはそれは嬉しかったけどこの差は複雑ですね・・・

もしも上記の今回抜けていたレギュラーメンバーたち・・・
そして僕も入ったいつもの布陣でこの日本代表と戦っていたらどうなっていたのだろ う??


それはそれは大きく違ってたんじゃなでしょうか?!


8-4くらいに・・・・


十分大敗じゃん!!!


いやっ、ほんと今年の日本チーム・・・若くて速くて+経験のあるプレーヤーもいて
僕が知る中で歴代でも一番強いかもしれませんよ!?

今週は対ウクライナです。
何でもティーンネイジャーのチームだとか・・・


おいおい・・・親子ほど歳離れてるじゃないの(涙)・・

あーあー、あと10歳・・・せめて5歳若ければなぁ・・・・・。

と思う最年長ダディでした・・・。

いやいや・・・経験値と大人のいやらしいサッカーでカバーだ!!(苦笑)



PR
2011-11-25-Fri 09:00:15 │EDIT

冬のリーグが終わり10月からはサマータイムになり日本との時差が
4時間になったここニュージーランド。

それに合わせて我が(勝手に)オークランド日本代表も動き出す。

11月のオークランドの小さなワールドカップことエスニックカップに参加するために
2ヶ月ほど前から毎週土曜の練習が始まりました。

去年と同じメンバー半分。新しいメンバー半分といったところ。

相変わらず自分が最年長でしたが(苦笑)・・・。

歳というのも関係あるのですが・・・

歳と共にドリブルで仕掛けるよりもまずはパスを選ぶサッカーを優先してきた
この10年くらい。

まぁ年々重くなって動けなくなったのも一因だと思いますが・・・
(今は10年前よりFITです・笑)

確かに効率良いし、長い距離のパス(スルーだったら尚更)が決まった時の
「やってやった感」は格別のものがあります。

だけど今回、ドリブルのことを改めて考え直しています。
そして1人でコツコツ練習してます(笑)

僕は20代までは所謂ドリブラーだったと思う。
・・・関係ないけどこの(所謂)って英語でso-calledと言うんだと昨日知りました。

I used to be so called a dribbler ?!

まぁ、スピードがある訳でもフェイントに優れていた訳でもないけど(ダメじゃん?!)
ベタ足でタイミングと距離感で抜いていくようなタイプ。

だけど使いどころが自分でも分かってないようなところがあって上手く機能してたかと
言うと疑問が残る。(まぁ持ち過ぎってことですね・苦笑)

そして次第にパスの魅力に取り付かれるようになった。

今でもそれは変わらない。

でもだからこそドリブルを改めて取り入れようと感じている。

今までも何度も書いてきたし意識もあったのだけどやっぱり
「何するか的が絞れないヤツが一番怖い」ということ。

すごくパスが上手な選手。
すごくドリブルが上手な選手。
いつでもシュートを打ってくる選手。

とても魅力的な響きだけど常に同じプレーをしてくるのであれば
守る方も対策は打てる。

例えば冬のリーグでやってたタイランドチームのエースのGは
身軽で縦へのスピードの速いストライカーだったけど3人に囲まれようが
常にドリブルで抜こうとする。

どんなに速くても「コイツどうせまた抜いてくるな」と思われていて3人で連携すれば
簡単にボールは奪える。

だけどさっきはボール持ってからドリを仕掛けてきたけどその前は
ワンタッチでパスしてた。

今回はどっちだ???

そうやって相手を迷わせることができたら楽に動く事ができる。

今回日本チームの練習でもボランチ、センターMF、TOP下と名前や
役割こそ微妙に違えども普段からやる真中のポジションが多かった。

そこで一通りやってみて思ったのは、今回経験も技術も体力もある
他の真中のプレーヤーが多く、バランスを考えたりゲームの組み立ては
彼らの方が良いように感じています。

じゃあこの(超)ベテランに何ができるか?!

TOPがワントップになるのかツートップになるのかまだ分からないけど
たぶんそのTOPの下でチャンスメイクというのが自分の役割なのかなと
感じています。(まぁ選ばれたらですけどね・笑)

その為にはパスだけじゃなく勝負のドリブルで打開していかなきゃいけない場面も
当然出てくるわけで今回はいつもよりも長めにボールを持って練習に臨んでいました。

まだまだ感覚が全盛期(いつだよ?)のキレとまではいかず奪われてしまうことも
あるのですが常にパスを選択せずに勝負をするという姿勢を忘れずに植えつけることが
今の目標。

理想的なのはドリで1人かわして数的優位を作りTOPに絶妙なパスを送るという形。

この為に家の中で毎晩細かいタッチのドリブルの練習をして大汗かいております。
そしてワインを頂く・・・・・・・これが余計だ!!

・・・・ま、こんな事書いてもポジション違うかもしれないし出れないかもしれないし?!
どうなるんだろ?!監督さんの思惑やいかに?!(今晩集まるので聞いてきます)


とにかく・・・いよいよ今週の日曜日からスタート。

まずは初戦だ!!


・・・・と息巻いてたら初戦の相手を聞いてビックリ!!!

なんと2ヶ月前まで同じチームでやってたタイランドチームだって!!!!???

チームメイトに冗談で「夏のエスニックリーグではオレは日本のチームに出るから
タイランドチームとぶつかったらコテンパンにしてやる!」って言ってたのが現実になっちゃった!!!

自分の出ないタイランドチームがどんな感じか気になるし、弱みも強みも知ってる・・・。

・・・・あ・・・自分の強みも弱みも相手は分かってるか(苦笑)

今年はこのタイのチームで色々な逆転劇やコーナーからのインポストへのゴール
2度と打てないようなシュートが沢山決まった。

自分の能力以上に何かの力が働いているようなゴールの数々・・・・。

そこへきてこの対戦ですか?!


サッカーの神様オークランド支部担当
今年ワタクシにハマってるんじゃないですか?!


面白くなってきたなぁ・・・


これは本当に負けられないぞっ!!


今日もクリックお願いします!! 95e7fe0a.gifにほんブログ村 海外生活ブログへ
2011-09-13-Tue 18:22:37 │EDIT
こないだの日曜日は今年の冬を共にしたタイランドチームでの最後の試合。
カップ戦の決勝戦(といっても・・・3勝して決勝戦に来たような小さなものだけど)

前回の優勝が掛かったリーグ戦最終節とは違い
背負い込むほどの思い入れもなく良い意味で?!リラックスしていて
前回楽しめなかった攻撃を・・・サッカーを楽しもう!!という’気持ちで臨みました。

相手は2回とも逆転劇の末に1点差で勝っているアフリカ勢のチーム。

まぁ細かく書きたかったんですがこの試合以上のことがこの数時間後起こり

サッカーに関しては少しだけ(・・・って誰もこんな話期待してないか・苦笑)

この最後の試合・・・今まで以上にドリブルで勝負してそこからチャンスも作ったし同様に
ボールを持ちすぎて相手に奪われて周りからも、監督からも今シーズン一番口を挟まれた試合だった(苦笑)。

まぁ今までのパスワークでゲームを作ること。バランスを考える事。を優先した大人のサッカーをしなかった訳です。

まぁ持ちすぎだなってのも自分で分かってたし、もっと持ち方もあっただろうにとは後になって思いましたが
ドリブラー復帰戦?!としてはあんなもんでしょう?!

それでもそこから最後にキーパーと1対1にさせる決定的場面のパスをFWに4回以上は送ったと記憶しております。

そしてまた、ものの見事に全て外されたけど・・・(そしてそのFWのグレッグは得点王を逃してしまった・・・)

もう!!!!

でも最終的には4-3で勝利して有終の美を飾った。

試合後あるメンバーには(たぶんいつもより長く持った分奪われる事も多かったから)「今日は調子悪かったの?」と聞かれたけど
そんなことはない。自分で勝負にいけたことの証だ・・・まぁ奪われないことに越した事はないけど(苦笑)

まずはパスを選択という意識が改善できた事が嬉しかった。

そしてそこでチームのスポンサー(そんな人がいたらしいから参加にお金を払わなくてもよかったんだ・笑)を紹介され
クラブハウス(各チームのは小さなラウンジバーが付いてる)でビールを貰った。

飲みながらメンバーと今年のリーグについて思い出しながら盛り上がってるとチームキャプテンに
「表彰式でカップをもらえるからDAIがチーム代表で貰ってスピーチしてくれ」と冗談なんだか本気なんだかな事を言われた。

えー・・・と最初は思ったけど僕にとって今年のシーズンはたぶんここにいるメンバーの誰よりも大きな意味が
あったからその気持ちを皆の前で伝えたいと思った。

だけどその表彰式が他の試合が終わる1時間後だと聞いて

「ああ・・・オレはファミリーマンだからあと1時間もここにはいれない。でも本当にいいシーズンだったよ」
とだけ言いメンバーの一人1人に握手をした。


本当は時間が許せば1時間待ってあの場で皆に言いたかった。

「オレは数年前まで30歳以上のリーグで勝敗に関係なく終わってから飲むビールが楽しみな毎年太っていくオヤジプレーヤーだった。
今もオヤジプレーヤーなのには変わらないけど若い皆にも負けないように普段から体を鍛え、頭から、心からプレー出来た
このシーズンだった。本当にエキサイティングなシーズンをありがとう!!」と・・・・


だけど1時間待たずに家に帰った事。・・・・これは本当に正しい選択だった。


家に着く5分前、まっかちん奥さんから電話


「破水した・・・・・・」


マジでぇ!!!!


出産予定日よりも4週間早い破水だった・・・。

つづく。
posted by DAISUKE コメント(0) トラックバック(0)
PAGE TOP
今日もヨロシクだワン!!
オセアニアブログランキング&海外生活ブログに参加しています。

1日1回の皆さんのぽちっとクリックが僕らの励みです!!
今日の記事が面白かったら・・・
ちょっとためになったら・・・
どうぞ皆さん応援を宜しくお願いします!!

95e7fe0a.gif

にほんブログ村 海外生活ブログへ
アクセス解析
HOME次のページ
初めての方へ
このブログを初めて見て下さる方はこちらからご覧下さい。
このブログが2010年3月16日号
週刊SPAに紹介されました!!

記事はこちら
最新記事
プロフィール
HN:
DAISUKE
性別:
男性
職業:
教育マーケティング・なんでも屋家業
趣味:
サッカー
自己紹介:
NZで学生、ワーホリ、就職を経て起業。現在貿易、留学、営業・宣伝、通訳と何でも屋家業+語学&専門学校業務担当として暮らしています。ビジネスから生活のことまで何でもお聞き下さい。
シンプル ページランク表示ツール
Tool by きゃべつのお小遣いGet!
最古記事
リンク
アーカイブ

ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブ
Facebookしています。
Twitter
海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ad.
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 ニュージーランドで働く&犬と子どもとゆったり海外暮らし Some Rights Reserved.
http://nztravellife.blog.shinobi.jp/%E8%8A%9D%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%A7%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%84%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81/
忍者ブログ[PR]